ホーム > shopping > Wiggleでの返品

Wiggleでの返品

コレを書いている時点で約2年弱、Wiggleという英国のスポーツ用品通販サイトを利用して自転車関係のあれこれを購入している。
何度も買い物していると不良品に出会ったり、それを返品したりする機会もある。
正直、通販の便利さが返品とかになるといきなり面倒な処理になる。

1)Wiggleサイトで返品する旨を登録
2)再梱包して郵便局へ
確かに面倒だ。が、実際慣れてくるとそれだけである。
Wiggleに返品商品が届くと、代金と返品送料はクレジットカートに返金される仕組み。

以前は航空小包に書留をつけたりしてなるべく郵便料金を安く上げるなどしたが、最近はEMS。料金は掛かるが確実なのと速いのと郵便局での時間が短縮できる。
送料は満額返金されるので、安く上げるより手間の掛からない方がこちら的にはありがたい。

受け取った品物が残念なことになったときのガックリ感は結構なものだが、返品が楽に出来、返金処理やそのための連絡がスムースだとすごく利用しやすい通販サイトと言う認識になる。

今回もたまたま返品処理を行った。
数日して品物が到着して返金処理を行った旨のメールが来た。送料も12.40円返金しましたと言う。実際掛かった送料は1500円。つまり約12,4ポンド。ポンドと円を間違えて返金したんだなと、面倒だなと思いながらもその旨書いてメールで返信。
週明けの月曜日の夕方に1500円返金した旨のメールが届いた。Wiggleのサイトでも確認できた。

返品やクレーム処理で感じる安心感。国内サイトでもあまりない。
多分コレが維持される限りWiggleを利用すると思う。

広告
カテゴリー:shopping
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。