ホーム > ダイエット > リバウンドしにくい自転車ダイエット(1)

リバウンドしにくい自転車ダイエット(1)

いかにもなタイトルである。
自分は自転車に乗ることで最初のひと月で8kg、一年で15kg以上減量できたので嘘ではない。悩んでいる人に参考になれば幸い、と思って書く。

・前置き
ランは本にも書いてあるが、太っている人がいきなりはじめるのはヒザを痛めたりするので危険。最初は歩くことから始めてランできるぐらいに減量できたら走りましょうとある。
実際その通りで靴さえあればお金も掛からずすぐに始められるが、面白くない。つまり続かない。
一方、自転車は体重のほとんどがサドルに掛かっているので最初からヒザに優しい。
自分は息子が高校生の時にPTAで同じ歳のお父さんがたまたま自転車に乗っていた。ロードじゃなくてクロスバイク。それでも当時80-100kmほど一日で走っていて、スゲーなと思ったのがきっかけ。
当時GINATのハードテイルMTBの安いのがガレージに死蔵してあったので、それを引っ張り出して乗り出した。

・自転車
必要です。自分はたまたま手元にあったのでマウンテンバイク。正直最初に乗るのは何でも良いでしょう。
最終目的がロングライドであれ、ダイエットであれ、ランであれ…始めて続かないと意味がない。
おじさん(おばさん)になるとなまじ小金は持っているので形から入っちゃったりしますね、どんな自転車が良いとか(楽しく)悩むのは勝手ですがなければ始まりません。
ここは一つママチャリで良いのでは無いでしょうか。
ロードバイクなどは車体の軽さ自体がウリの一つだったりしますが、とりあえずダイエットですからねぇ。
軽い自転車より重くても丈夫でしっかりした自転車が良い。ダイエットするならむしろ重たい方がダイエット向きとも言えます。以下ママチャリを例に話を進めます。

お家にあるママチャリ(シティサイクル)で充分。新しく買う必要もなし。
ただ、整備されていて安全に乗れる状態か確認しましょう。
・タイヤ(ひび割れていませんか?)(空気はしっかり入っていますか?)
・ブレーキ(レバーの遊び、効きはじゅうぶんですか?)多少の音はOK
・チェーン(サビサビではありませんか?)

心配なら近くの自転車屋さんに整備をお願いしましょう。
空気入れがなければ一つ買っておきましょう。

・サドルの高さ
一般的なママチャリはサドル位置が低いです。
低すぎます。しかも高くしたくても元々付いているシートポスト(サドルとフレームを繋ぐパイプ)が短くて高くできません。
サドルにまたがって両足がぺたんと付くのは低すぎます。
少し傾けてどちらかの足が地面に付くくらいが良いでしょう。
それ以上高くしてしまうと、視点が高くなりすぎて慣れてないと怖いかもしれません。
また、短いシートポストを限界以上出すのは危険なので止めて下さい。

ママチャリのシートポストは自転車屋さん、ホームセンター、Amazonなどで売っています。外径25.4mmのシートポストを探してみて下さい。
自分はタイオガ Tボーン MX シートポスト ポスト径25.4mmを使っています。鉄製で重いですがママチャリが重いですからそれがどうした、です。

ついでと行っては何ですが、珍しい(長いのも含む)シートポストやパーツが付いていると盗まれることもあります。
ママチャリのシートポストは上げ下げが簡単にできるようになっていますが、裏を返せば誰にでも外せてしまう欠点があります。
自分もシートポスト、サドルの盗難防止の為にシートポストの固定を写真のようなボルトに変えました。

ちなみに次の写真が現在のママチャリ
シートポストも25cm、30cm、そして40cmとだんだん高くなって今はこんな感じです。

次は乗り方(つづく)

広告
カテゴリー:ダイエット タグ: ,
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。