ホーム > サイクリング > 自転車を担いで二本木峠

自転車を担いで二本木峠

昨日の強風も収まり空気はひんやりしているものの天気良し。スイーツライドにかみさんを誘ってみるが美容院に予約があるとかで東秩父村は二本木峠を登ってみようと出かけました。おバカな(エイプリルなフール)日記なのでお時間ある方はどうぞ。

二本木峠は定峰峠の手前にあります。
オダックス埼玉のアタック安中で「落合橋」を左折して少し行った先を右折して登っていきます。最初にガツンと急坂が有り結構キツイ印象があるのですが最近ご無沙汰しています。ESCAPE R3改で行ってみました。

昨日は荒川CRを河口まで往復、せっせと走ったので今日はマイペース。県道30号「田中」交差点(ときがわ町役場)からはアタック安中のコースをトレース。松郷峠はノーマル52Txロー側3枚残しで(あの)K藤さんの真似してダンシングで登ってみます。松郷峠は短いからなんとかなったけど、他の坂ではまず無理です。K藤って、改めてすごいなと思います。

天気が良いせいか、落合橋から定峰方面へチーム練習らしき自転車が何台も走っていきます。右折ポイントを探しつつ、案内板のところで停車。

ここからでも行けそうです。

いきなりキツイ坂、民家の横をくねくね上ります。梅が満開で良い景色。でも止まるとスタートできないので撮影は割愛。
いくらか上がると道がダート。ホイールが空転しないようにバランスを取って進行。するとさすがに乗車が困難な感じに。

それでも先へ行けば林道に出られるのでは無かろうかと進んでしまいました。
するとこんな感じに。

ここで戻れば事なきを得たのですが、GPSを取り出し進行方向で林道に出てみようと自転車を担ぎ上げて斜面を登ってしまいました。
SPD-SLなら上らずに引き返したでしょうね。

時間的にも木漏れ日のあかりが心地良く、気分も良いのでずんずん先へ進みます。
放置された間伐材が進行を阻みますが、藪こぎしながら上りました。
一度下って小さな沢を越えさすがに今からもう戻りたくないよ、と思いながら一時間も森をさまよっているとさすがに不安になってきます。
GPSが指し示す道のある方へ急な斜面を登っていくとようやく牧草地に出ました。
幸い牛はいませんでしたが、いきなり目の前が開けてホッとします。

牧草地をさらに上り、県道に出た後は二本木峠で写真を撮り、風布(秩父線波久礼駅)方面へ下り、R140に合流した後はアタック安中コースをたどります。サラ油研からかやの峠(?名無し峠)、落合橋を過ぎてラジュモハン(インド料理)のランチセット750円で一息つき、復路の松郷峠はインナーローでこなして帰宅しました。

落合橋から二本木峠までのGPSログは下記の通り。地図の右上に「落合橋」交差点。定峰峠はもっと南(下)に行ってから右へ曲がります(地図上だと左)。
本来なら(ずーっと下にある)県道361を(右折して)行くべきであった。

藪漕ぎ、自転車担ぎ登山は赤い△から青い△まで。青い△〜オレンジ△は牧草地です。

ダートに出たときにGPSを確認すれば良かったのですが先へ進むことしか考えていませんでした。MTBならまだしもスリック25cでやることじゃありません。天気も良く山の斜面も乾いていたのでエクストラなプチ冒険で済みましたが、天候急変で雨とかだと危ない感じでした。
藪漕ぎに比べれば舗装された道を走れるのは如何にありがたいか、と思えました。例えそれがどんな斜度であれ。サイコン上では113キロのサイクリングと担ぎハイキング。適度な運動になった一日でした。

鴻巣から県道27号線の新しい道ができていました。
御成橋からR254バイバス(関越自動車道 東松山IC)に行くには吉見百穴を経由していましたが、御成橋から真っ直ぐにR407へ出てそのまま直進するとR254バイパスへ出られるようになりました。
車は多いですが都幾川方面に行くには距離的に近くなります。

広告
カテゴリー:サイクリング
  1. HEIZO
    2012/04/02 1:45 PM

    vさん、私と同じ臭いがするw
    私も砂利道に出会うと、「行けるところまで、、、」と思う方で、何度となく窮地に立った記憶があります。
    八溝山を横切るとき、砂利と泥道をロード(スリックの23C)担いで3kmくらい歩いたりしちゃいましたしw
    こうしたとき、MTBやシクロバイクだと楽なんだけど、、、とふと思ったりして。

  2. V
    2012/04/02 3:23 PM

    確かに「行っちゃう」性格ですね。
    二人揃うとかなりやばいと言うことですねw。
    こんな事も無ければ入らないであろう森に入っちゃったわけですが、天気の良い日の出来事で良かったです。
    ちょっと違った汗をかいてしまいましたがエイプリルフールのご愛敬で済んで良かったです。

  3. はんぞー
    2012/04/02 11:58 PM

    「ヤバいと思ったら引き返すってことを覚えた方がいいよ」
    と夫に釘を刺された私。
    vyv00411さんの日記読んで、楽しいなと思いつつも、
    自分ひとりの時は、ちゃんと気を付けて、あんまりグイグイ
    奥まで行かないようにしなきゃ…と思いました。
    それにしてもいいコースですね。トレランにいいかもですねー

  4. V
    2012/04/03 9:34 AM

    倒木がある写真の後はすでに道は消滅して倒木と落ち葉で埋まる生き物サンクチュアリーなのでトレランより登山的ハイキングかと。
    多分自分の中ではまだ「やばい」レベルでは無かったのかもしれません。
    そのそもGPSをポケットに入れていたのでダートに入った時点で確認しろよ!と自分に何度も言いました。バカだなおまえって。森に入ってから脱出ルートを探すって、それ違う。
    お陰で二本木峠までのルートが複数あることが判ったので自転車で走れるところは全部走ることにします。楽しみです。

  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。