ホーム > HowTo > 【105円】THERMOS サーモスを高性能チルボトルに

【105円】THERMOS サーモスを高性能チルボトルに

夏の自転車(アウトドア全般)は冷たい水、飲料が飲みたくなります。自転車ボトルにも保冷(保温)ボトルがありますが。強烈に暑い日は氷を入れても長く持ちません。補給してせっかくロックアイスで冷やしても補給時にそこそこ飲んでしまうのでボトルに手が行くのはしばらくしてからと言うことになります。で、つまりその間に氷は溶けて本来の目的があまり果たせません。

夏のブルベ(200km以上)はハイドレーションにロックアイスと水で満タンにしていくので次のPCまで冷たい水を保つことができますが、保冷ボトルで冷たい水を飲めたことがありません。

普段はThermos サーモス JMY-501 を使っています。ワンタッチで開け閉めでき自転車でも使えそうですがボトルホルダには細すぎます。直径68mm ※実測(写真1)。SHIMANOツール缶は74mm ※実測。

写真1

ウェストバッグにも入れてみますが、鬱陶しい(写真2)。
写真2

一方、近場で50〜100km走るのにハイドレーションは大げさだ。
ってことでダイソーでボトルカバーを買ってきてみたら良い感じの太さになり傷も付かないので良いです。

写真3
写真4
写真5
容量が0.5Lとちょっと少ないのがアレですがちゃんと冷たいままでいてくれそうなので今度暑い日に試してみたいと思います。

色限定ですがAmazonで1383円送料込みとお買い得のようです。

広告
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。