ホーム > HowTo > プラダンで輪行ボックスを作ってみよう【203cm版】

プラダンで輪行ボックスを作ってみよう【203cm版】

(その3)でハンドルを外さない(前後輪、シートポスト、RDは外す)を作ってみようと切り出し図を描いてみたら、予想以上に大きい箱になることがわかって実践するのに躊躇しています。

平行して、別ブログに飛行機輪行のページをこしらえたので、多くはありませんが、預け荷物の大きさ制限が203cm(3辺の和)の航空会社を利用する場合の輪行ボックスの切り出し図を描いてみました〔203cm制限=JAL、キャセイパシフィック、全日空<スポーツ品扱いで203cmまでOK>など〕。

余白がそれなりにあるので、底の補強やフレーム固定するための緩衝材に利用して下さい。
自分も材料が到着したらコレは作ってみようと思います。Giant M/Lサイズのロードバイクを実測して描いたので、まぁ普通の方であれば入るサイズだと思います。
(ハンドルはクランプで外す、前後輪、シートポスト、RD、ペダルも外します)

ご自身のロードバイクを実測してサイズ変更すれば、ジャストなサイズになるでしょう。

小さくする場合、203cmより余裕ができれば、その分を幅(ここでは240mm)を大きくするとホイールを入れやすくなります。また、立てたときに安定します。

フタ、底部の固定と移動のためのキャスターは、Qbicle…(その2)で紹介しています…の使用を前提にしています。

輪行箱203cm
クリックするとPDFファイルを表示(あるいはダウンロード)します

PDFファイル:輪行箱203cm.pdf

広告
カテゴリー:HowTo タグ: , ,
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。