ホーム > HowTo, 工作 > プラダン輪行ボックス 203cm簡易版

プラダン輪行ボックス 203cm簡易版

前出のプラダンボックスは一度作ると畳んだりできないため保管するのにかさばります。
年に何回も使うわけでもないそういったものに場所を取られるのも生活事情によっては鬱陶しい問題です。
田舎に住んでいるので個人的には切迫感がありませんが、視点を変えてもうひとつのバージョンを考えてみました。
・軽い(前出より材料がちょっと少なくて済む)
・飛行機輪行で十分な保護能力を確保する
⇒航空会社の扱いにもよります。前出版とそんなに変わらないかも。
フラットになります
・組み立ては「荷造りOPPテープ」
⇒薄い材質ですがプラダンと相性はいいです
⇒何をつかっても自由ですが、布製テープ(ダクトテープ)は剥がした時にノリが残る。
重い。暑いと剥がれやすい、ずれやすい。とこの件には向いてないように思います。

目的地に付いて、開梱し、テープをすべて剥がせば平べったいプラダン板に戻ります。
厚みは3パーツで16mm(計算上)と極めて薄い。
一人暮らしのワンルームでもトイレの壁に立てておけば生活を圧迫することはないでしょう。

これもQbicle Eco Trolly(ABP-21101 マルチキャスター バイクポーター用)と併用するのが良いと思います。コロコロで移動できるのは便利です(重さは+1kg)。

能書きはこの辺にして、プラダン(182x91cm)を次のように切り出します。破線は折り目。
2.5枚使いますが、面積的には2枚弱。1枚=1kgなのでOPPテープ分を加えても完成状態で2kg前後かと。
プラダン輪行ボックス 203cm簡易版 v3:PDF
203PP版v3

1枚目は同じものを2つ作ってください。なので2枚目の図は省略しています。
JR東日本のコインロッカーサイズに入るかどうか、微妙です。
その辺は作った人が一部切るなり貼るなり工夫してください。切っても両サイドからOPPテープを貼ればそれなりです。
P1040443

フォークエンド、リアエンドの固定小物の製作もブログのどこかに書いていると思いますが、結構使えるモノです。
箱を作って実際に使うまでに作って使ってみてください。衣服や他のもので緩衝材にするよりずっと実用的で安心です。

箱のサイズ(追記 2014.OCT.14)
貼ってある図の寸法は自分の乗っている自転車のフレームサイズを元に作ったものです。
1) GIANT DEFY ADV2 トップチューブ565mm
2) Boardman CX PRO トップチューブ565mm
1050x680mmという大きさはギリギリです。ハンドルは外しますが、最小幅が20cm。
幅は少し余裕がありますが、ホイールを入れると余裕はありません。

大多数はこのサイズで余裕で入るのではないでしょうか。人によってはハンドルをはずさなくても右に切ってクランプを緩め90度下げれば入ってしまうかもしれません。

ホイール(タイヤ付き)を入れるのであれば高さの680mmはあまり削れないと思いますが、長さや幅は自分のフレームに合わせたサイズにした方が良いですよ。大は小を兼ねる、といいますが小さいほうが移動時に楽です。箱もその分軽くなり僅かでも剛性はアップします。
ここで紹介したサイズは大きいサイズの一例ということでご理解ください。

広告
カテゴリー:HowTo, 工作 タグ: , ,
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。