アーカイブ

Posts Tagged ‘水戸’

水戸・海鮮丼サイクリング(360km)

宇都宮山岳以来遠ざかっていたこともあり土日で水戸まで海鮮丼を食べに走ってきました。

【土曜日】

水戸までの移動だけなので昼に出ればいいやと11時頃準備を始めたらサドルバッグのほつれを発見。

仕方なく慣れない縫製作業を始めたところ出発が午後1時半頃になってしまった。

よりによって暑さ真っ盛りな時間帯。

なるべく国道は通らず県道市道メインでルートを引いてみたところ、知らない道で新鮮さを味わえました。

クルマも少なめでAJ宇都宮ブルベみたいで楽しい。

ボトル一本ということもあり休憩をふたつ挟み、水戸での宿を予約しつつ進行。

筑波山付近で土砂降りのにわか雨に突入。水たまりの水は温かいお湯だった。

靴が濡れる以外はむしろ良い意味でのシャワー。

トータル120km、休憩込み5時間半で水戸駅近くに到着。シャワって着替えて@HEIZOSUNご夫妻と晩ご飯はカレー屋さん。

【日曜日】

今日は大洗町で海鮮丼を食べるのが目的。しかし直行すると近すぎるので道の駅もてぎでアイスを食べる迂回コース約120km。

8時スタート、すでに日差し燦々(さんさん)暑い。@HEIZOSUN楽しそうにすいすい走ります。

  

がんばれたのも茂木まで。その後は暑さ(というより今思えば強烈な日差し)にやられて補給、給水を何度か入れて這々の体で大洗町。向かい風も加わり120kmの平坦コースでこんなきついのは記憶に無い体験でした。

まぁ、@HEIZOSUNなりのおもてなしはあるとちょっと覚悟していましたがスパイス効き過ぎでした。

あまりにしんどそうな私を見て、うどんという手も…とエスケープルートが提案されましたが「意地でも海鮮丼を食べる」をモチベーションにしないとどうにも精神的に維持できなかったので絶対海鮮丼。

残暑というには真っ青な空に白い入道雲というむしろ今こそ盛夏と呼べる。そんな大洗町は味処大森さんにおじゃましました。

直線距離では水戸から至近なのに遠かった海鮮丼ですが、苦労があったからこそより美味しい。

いや、たぶんそれは違う。真っ直ぐ来てもたぶん同じぐらいに美味しい海鮮丼1300円でした。

リピートは大ありで、次回はかみさんを連れてこないとバチが当たりそうです。

充分休息し、本来なら帰路につくところですが日中走行はカラダが拒否反応。

一旦、水戸市街へもどりシャワーをお借りしたり@HEIZOSUNの武勇伝を伺ったり、ガストでまったりして8時頃出発。

120km、休憩込み5時間弱で深夜に帰宅。涼しいのとクルマは更に少なめでカラダ的には正解。

ブルベも良いけど宿泊はさんで走るサイクリングも楽しい。

ブルベの途中で果樹園とかみつけると寄りたくなるし、温泉あれば入りたくなるし…ブルベコースに宿泊入れて走るもマイブームになりそうな気がします。

週末走行距離360km。

広告

BRM707をDNS、水戸でサイクリング

BRM707宇都宮600は深夜にいつもの場所からスタートして山形県は寒河江市まで行って帰ってくると言うルート。去年のコースと似ているが後半がさらに険しくなっている。

概要:BRM707宇都宮600km(「はながさ/HANAGASA」ブルベ)

昨年は好天の中、白布峠の上りで熱中症になりそのまま折り返して米沢まで走ったものの動けなくなり記念すべきDNF第一号となった。今年は後半のえぐさに関わらずリベンジしたい。好天を期待してDEFYで準備するがどうにもこうにも雨ブルベは避けられそうになくBoardmanに装備を移し替える。
HEIZOSUN が 新鹿沼駅でピックアップしてくれるというので25km先の東上線の駅へ向かう。家から3km直線道路でGPSに目的地をセットしたとたんに軽トラックの後部に衝突した。前方との車間は充分に確認していた(つもりだったし)何が起きたか直後には把握できなかった。その先の信号が赤でクルマがそれなりに繋がっていたようだ。セットしたいTRACKを一度選び損ね、そのままもう一度操作したのでその間前方を見ずに空走してしまった。いずれにしても自分の前方不注意での事故。

天気はすでに雨。ライト(Dosun A1)が分解、GPSがマウントごと外れて前方へ飛び出したがストラップがあり無事。ハンドルの向きが少しおかしい、チェーンが外れているが走行はできるレベル。カラダも無傷じゃないけど意識もハッキリしているし大丈夫そうだ。しかし、見えない力で今日は止めておけという声が聞こえたような気がした。素直に向きを変えて自宅へゆるりと向かう。ペダルを廻している限り事故る前と何ら変わりは無いのだけれど…。

自転車のダメージは翌日明るくなってからチェックすれば良しとして、家族に事情を話し、HEIZOSUN、宇都宮スタッフさんにDNSのメールを送って休む事した。前方不注意による事故は猛省。

来年はどんなコースになっているか判らないけど2年越しでリベンジすれば良い。
ブルベで使う予定だったお金は家族と美味しいものでも食べることにし、翌朝は腰の軽い打撲と軽いむち打ちを感じながら古代はす公園(行田市)まで事故ったBoardmanで行ってみる。AJ埼玉主催の600kmがここを通過する。お見送り。スタートから37kmだから皆余裕。知った顔にも知らない人にも旅の安全と無事の帰還を祈る。その後まったりと過ごしながら宇都宮、埼玉、千葉で開催の600をツイッターで追っかける。特に宇都宮のコースは雨が参加者を追うように激しく降っている。

今年は奥利根300、奥久慈400が雨ブルベで辟易していたところだった。今回もHEIZOSUNにピックアップされるときに雨が降っていたら「正直言うとDNSしようと思っているんですが…と告げ、もし走るのでなければこのまま水戸まで連れてってもらいうまいものでも食べませんか?」と言うつもりでいた。

結局HEIZOSUNもDNSだったのと、日曜日になれば天気も上向くと言うことだったのでご都合を伺い、水戸までチームDNSサイクリングをすることにした。小山まで自走して始発の水戸線に乗るつもりで起床するとじゃじゃ降りの雨。ブルベでもない輪行の自走で濡れるのもなぁと最寄り駅の始発に乗り上野経由で水戸まで、3時間。

8時半に到着し、駅で合流。小雨は降っていたが市街地を抜け、AJ宇都宮のBRMみたいなコースを走る。雨は止み自転車日和になってきた。気分も良いので道祖神峠を詣で行くコースに変更してもらう。その後、自販機休憩してたらカップルが小径のタンデムで上ってきた。笑顔でワシワシ漕いでいる。「かっこいいですねぇ」と声を掛けると「こんにちは〜」と去って行ったなんと清々しい。
この日HEIZOSUNは普段1kmのジテツウでつかっている29er。太いブロックタイヤが容赦なくパワーを食っているようで別人の様によわよわ。しかもリアのディスクブレーキが軽く擦っているらしい。そんな状態とはあまり知らずに峠をリクエストして申し訳ない気持ちになった。 ターゲットにした飲食店の開店時間にことごとくタイムアウトしたチームDNSは水戸駅まで戻って駅ビルのつけ麺で遅い昼食。旨かった。その後は水戸線の出発時間までブルベ談義。600の参加者はまだ走っている。
チームDNS練があまりに楽しいサイクリングだったので参加者には二人とも感服しつつ、DNSでよかったと思った一日だった。水戸には今回タイムアウトした飲食店をリベンジしに再び訪れたい。帰りは小山経由で栗橋まで輪行。帰宅ライド含め140km。
      

カテゴリー:サイクリング タグ: ,