アーカイブ

Posts Tagged ‘赤城山’

BRM908宇都宮300km(18:03)

前日22:30ごろ iPhoneのアラームセットして寝る。
当日02:30 自走で高崎へ。最短R17コース60kmをサクサク走って2H15Mで駅前のガスト着。時間調整でモーニングなど食べる。
05:40ごろ 城南大橋。
06:00 赤城大沼撮影班なので自転車をクルマに積んでもらい @k80808metal1024 くわめた さんと移動。
11:30 通過を確認できない参加者数名を探しに観光案内所まで行ってみる。尋ね人見あたらずコースをトレースしてR120まで。沼田に下って道の駅(白沢高原温泉 望郷の湯)で昼食。下界に降りてくると日射しが痛い。
15:00ごろ ゴール地点到着。先頭の到着時刻を皆で予想しながら待つ。
17:30ごろ お手伝い終了。10時間ちょっとでゴールした@HEIZOSUNと共に道の駅よしおか温泉へ自走。汗を流しさっぱりして@ymp128(ふぃりっぷ)さんも一緒に晩ご飯。@HEIZOSUNのクルマに自転車2台を積んで自分がハンドル握って宇都宮市森林公園へ。駒寄PAから高速に乗って関越、北関東自動車道、東北自動車道と乗り継いで鹿沼IC。森林公園入口のセブン到着が20:49。
21:00過ぎ 森林公園駐車場。あれっ時間的に余裕無いぞ。自転車下ろして組んで、着替えて、諸々準備して荷物預けて、受付して、やっとブリーフィングを聞けるかと思ったら軽量化要求でトイレへ。@eijitomさんに挨拶したらもう出走チェック。22:00 気づいたら走り出していました。

BRM908宇都宮300km赤城&日光【山岳】:概要


特に後半200kmがえぐい。

@eijitomさん速い。なんとか背中を見ながらついていきますが途中の信号でちぎれてしまいました。後はマイペース。楡木付近で@eijitomさん歩道でパンク?の修理中。あっと言う間に通り過ぎてしまい声掛けもできず。ちょっと後ろ髪が引かれます。

後ろに人がいる気配。いないよりマシ。信号待ちでコースチェックをしていると先行してスタートしてくれたので後をついていきます。一人で走ると眠くなりそうで助かります。
それでもまだ出発して間もないので眠気は来てません。
長い信号待ちで先行者数名に合流。なんと先頭車は@naderamanさん。
ちょっと楽しくなってきた…と。えっ!と言う速度で走っているんですけど…ついていくのが必死。
離れると寂しいのでついていきます。上りを経て@pokkyさんと一名速い人3人のパックで走っていましたが、そのうちちぎれてしまい気がつくと一人旅。一人になると眠気が襲ってきました。
老越路峠は真っ暗で道もウェット。ちょっと不気味。幸い眠気が勝っているので怖くありません。お化けが出てきても今なら眠くて気にならない感じ。さすがに下りに入るとスピードが出るので眠気も飛んで慎重に走ります。PC1で速い人、@pokkyさんに合流。

00:45 PC1セブンイレブン桐生梅田1丁目店(75.1km)クローズ 03:00
クリスタルガイザー650ML 110円、7プレミアム100%アップル 500ML 105円。
大して長居せずにお二人に先行してスタート。

一人は眠い。PC2はわずか31km先で上るより下る成分の方が多い。にもかかわらず後半の人気の無い場所はふらふらしながら牛歩進行していたようだ。GPSの画面が右に傾いていたので確認したらライトホルダ全体ががぐらぐら動く。ミノウラのライトホルダを2個と自前の長いバーを使っているのだが右のライトホルダの取り付けバンド(ステンレス)が切れてしまったようである。影響で左もバーの取り付け部分がゆるんでいる。下りのガタガタ振動もこれからが本番なのに…さぁ困った。PC2手前でミラーに後続車が見えて眠気が消え正気が戻る。

02:14 PC2セブンイレブン前橋下佐鳥町店(107km)クローズ 05:08
7Pビフィズス菌のむヨーグルト270 168円、森永たっぷりプリンカスタード 98円。
を取りあえず買って食って@pokkyさんにタイラップを譲ってもらいライトステーをなんとかゴールまで保たせるように弄ってみる。なんとかなったのでシューズを枕にその場で仮眠。
経験上眠さをガマンして走るのは無理。危険。すでに危険レベルにどっぷり入っているのはPC2までの状態で認識済み。時間は気にせず完走目標にスイッチ。最近はアラーム掛けずに寝る。
しばらく周りの音が聞こえていたが…ふと目覚めたときにはスッキリしていた。本来ならもっとカラダは寝たかったと思うがイエローに近いグリーンレベルまでは回復できた感じ。
時計を見ると3時半に近い。一時間近く寝ていたようだ。

もう一度店に入りロックアイス、水を買う。サドルバッグに畳んでおいた1.5LのCamelbak(Hydrobak)を取り出し氷を詰め込み水を注ぐ。余った氷はボトルへ。
隊長がさわやかな顔して到着した。さわやかで楽しそうなのは(どうやら)ここでDNFするかららしい。実に楽しそうに始発の時間をチェックしている。走りましょうよと言っても「月曜日がある社会人だしぃ〜」と言われるw。PC2離脱は03:35ごろ。

失敗と思ったのは補給不足。食欲も無かったので登坂前のカロリー補給を失念。幸い家から持ってきたスニッカーズ(1)、一本満足(2)、メントス(1)をライクラサコッシュに入れてきたのが後で役に立った。
赤城の旧道はなんどか登って知っている道。だが、赤城神社までなかなかたどり着かない。遠い。
しかもPC2離脱後一人パスした後は誰にも会わない。すごく後ろを走っている気がする。間に合うのだろうか?気にしてなかった次のPCクローズが気になり始める。たぶん計算上ではPC3で一時間ぐらいの貯金なはず。赤城神社手前を右折してもう一人発見。自走で赤城まで来て登ったときに比べて遙かに遅いスピード。だが焦っても速くなるわけでもないので走ることに集中。それにしても3人目になかなか出会わない。だいぶ上って途中のカーブで休憩している男子一名。声かけしてパス。その先で舞子ちゃん発見。カーブ58の先、見晴台?の激坂をどうやって上るか後ろを走りながら見学。変に蛇行するわけでも無くシッティングで自転車も安定した状態で上っていく。思わず「うまい!すげー!」っと心の中で叫んだ。今の自分より遙かに安定感あって力強い。感動してうるっとなったよ。感動したお陰で元気もらってちょっと眠気も消えた。ちょっと。
標高1400mぐらいだろうかカーブの広いところで休憩。普通なら停まらないけど今おじさん普通の状態じゃ無いのでOK。パスしてきた舞子ちゃん、ほかに抜かれる。ああ、良かった他にも後ろにいたんだ。何故かホッとする。筋肉が冷え切らないうちに再スタート。
ここから下り本番の八丁峠でジレを着る(06:25)。

先週今週で3回同じ道を通っている。うーん、なんか悪い夢を見ているようだ。

薗原湖からの上りで空腹に耐えきれずにメントスの残りを食べる。経験上走っているときに空腹感じたらかなり足りない状態。車上補給が必要なときは食べれるときは食べた方が良い。食べられないときはカラダが受け付けない(正常なら足りていると言うこと)。でもPC3もそんなに遠くないし…と停まったついでにアイウェアもサングラスに変えて出発。陽も高くなってきて山の稜線の上のお日様の光がまぶしい。日光を反射する湖面の景色が美しい。へぼなので写真に残せないのが残念。

先週走ったときは鎌田まであっという間だったのに(記憶上は)なかなかつかない。
腹減りもかなり限界、というか「飢」という字が頭に浮かぶほど。PC3が近いからとパスしてきたセブンが恨めしい。
一度は通り過ぎた無人の野菜販売所。200mほど過ぎて引き返す。トマト100円となっ!
5個入りの袋を選んで料金をながーい筒の中に入れその場でいただきますっ(07:51)。
 
トマトっておいしいなぁ。美味しいトマト育ててここに販売所作ってくれた人に感謝、完食。
生き返えるとPC3はすぐだった。少し回復したお陰で近くに感じれたのだろう。

08:12 PC3セブンイレブン片品須賀川店(175.9km)クローズ 09:44
ロックアイス1.1KG 241円、小岩井コーヒー500ML 110円、7Pバナナ一本 98円、炭火焼き牛カルビ弁当 498円、7P天然水2L 128円。

セブンの良いところ。おでんがある(無いときもある、この店もまだだった)。2L天然水が安い。
ほぼ食べたいものが食べられる幸せを噛みしめつつ日陰でまったり食事。トマトに救われたなぁ…などとボンヤリ。
出発してしばらくすると胃の消化活動がはじまったようでどうにも眠い。元々眠気はスタートしたときから同居しているので仕方ないんだけど明確に表に出てこられると走れない。今はちょこちょこ顔を出すという感じ。走ったという実感が無いまま気がつくと5km先の地点にいた。クルマも少なく蛇行するわけでもなく一応ちゃんとは走っていたようだ。今年のアタック奥利根の時も食後で強烈に眠かった区間だ。次からワープゾーンと呼ぶことにしよう。
金精峠まではだらだらと長い。余りに長いので丸沼と菅沼のあいだあたりの広い路肩で6分休憩。
休憩中に舞子ちゃんにパスされる。結局この後も前後しながら日光までご一緒させてもらった。誰かの前後を走っていると言うだけで緊張感がでるのか眠気は表に出てこなくなる。ありがたかった。

(写真は金精トンネル・栃木県側 11:03)

観光客の賑わう日光市街で霧降高原登坂前のコンビニ補給。
12:14 セブンイレブン日光東照宮前店(235km)キューシート#76より500m手前
グリコプッチンプリン 137円、森永焼きプリン 110円、ロックアイスカップ 105円、7P100%アップル500ML 105円。mgmgたべた。食べられると言うことはなんとかOKということか。

登りが明らかに遅いのでPC4クローズが心配だ。市内はバスと自動車で混んでいる。
渋滞を抜けて坂本番。100m上昇に10分。それを目安に登りに集中。反対車線を頻繁にパックの自転車が降りてくる。クラブにしてはジャージがバラバラだし、何かのイベント?
ちろりん村では駐車場待ちのクルマが渋滞中。さすがに右から先頭に出て先へ行かせてもらった。
頂上まで3km付近のバス停で休憩。今回の登坂は全ての山で途中休憩が入った。全然普通じゃ無い。心拍あがらない。きついのにハァハァ言わない。なので脚も廻らない。残るはここまで来たんだから…という気力?
遅いながらも△100m10分以上でここまで来た短い褒美休憩を挟んで霧降高原攻略。ガーッと下って大笹牧場。なんとか間に合った。
 

13:57ごろ PC4大笹牧場レストハウス(255.2km)クローズ 15:00
吉村さんに飴を一個もらう。それを味わいつつ更にガーッと下る。ここの今市へ向けての下りは気持ちいい。自転車ならではの下りの楽しさを味わえて好印象。ちょっと舗装がアレなところがあるのと対向車が結構な速度でやってくるのが玉に瑕(きず)。
下り勾配も一段落してキューシート#86(日光宇都宮道路の高架をくぐって左折)から睡魔爆発。
居眠りはしないものの全く速度が上がらない。15km/hとか自分でも笑ってしまう。誰か抜いてくれないかなぁ〜と信号待ちで振り返るもさびしいぼっち走行。ブルベな人に出会わないものだから(遅い)マイペースが止まらない。
起きていることを実感するために鶴CCの坂はダンシングでクリア、駐車場で@naderamanさん@pokkyさんに手を振り、16:03ゴール=18H03M(クローズ 18:00)。

結局機材トラブルでDNSした臨時スタッフの@HEIZOSUN、リハビリ中の竜胆さん、飯塚さんらに迎えられてゴール手続き。完走後の濃い談笑タイム。ある意味カラダより意識のクールダウンタイム。もう走らなくて良い。一日弱の体験を共有しながら記憶が改竄されていく時間。
その間にもゴールしてくる参加者。午後5時が近づきゴール移設することになり談笑切り上げ本日のブルベ完了。
まあ眠かった。途中仮眠したけどやはり眠かった。カラダの声に逆らわず無理せず適当に休憩を入れて走ったのも良かった(のだろう)。完走の実感がいまいち無い。幽体離脱したもうひとりの自分が走ってきたような既視感みたいな記憶である。次回があるとすれば、せめて4時間は寝てから走りたい。素敵な機会を与えてくれたAJ宇都宮、AJ群馬のスタッフさんに感謝。短い時間、戦友のように思えた愛しきブルベライダー達に感謝。送り出して帰りを待つ家族に感謝したい。皆さん、ありがとうございました。DNS/DNFなお方もお疲れ様でした。ライトステーは壊れたけどそれ以外はトラブルフリーで走ってくれた機材にも感謝。


後記
1)走っていて不思議だったことは24時スタート組にに抜かれなかったこと。PC2の約一時間の仮眠と途中のフラフラ(超低速モード)、途中休憩タイムで2時間のタイム差は山岳では尚更追いつかれると計算していた。むしろ抜かれないことで「とんでもないこと」が起こっているのでは無いかと心配した特に@kurosawahisashiさんや@ymp128さん…。みんなやっぱり眠いのかなぁと思うことにしてたわけですがやはりそのようでした。いや、同じ22時組でも@eijitomさんだって追いついてイイはず…やっぱり自分の知らないところで…と考えたくなりました。終わってみれば彼は盛大なパンク祭りを開催中だったとか。皆さんそれぞれのドラマがあったようですが、無事で良かった。@HEIZOSUNのDNSもゴールして顔見てわかった次第で勝手に余計な心配して走ってました。

2)ライトホルダ。長いこと手を加えて耐久性をアップして使ってきたミノウラSPACE GRIPですが前方向につきだしてGPS、サイコン。特に重くなってしまうライト2本をぶら下げるのは2本使いでも無理なのでしょうか。今回も切れたステンレスバンドを交換すればまた切れるまで使えるでしょう。
モンベルのフロントバッグをつけられるようにライトはステム下方ではなくハンドル上バーより少し下の今の位置がベストポジションです。この位置は変えたくない。ステム上、両側も補給食バッグやコマ図iPodの定位置。今回2本使いだったお陰で応急処置でしのげたとも言えますが試行錯誤と実使用を繰り返してたどり着いた「自分なりの完成形」だっただけに振り出しに戻ってしまったのは残念。しかし、今使っているSPACE GRIPはすでにとうの昔に廃番商品。イイ機会なので二,三世代あとのMINOURA ミノウラ SGS-400-OS
をアマゾンでポチっ。2個で2880円。突き出し寸法もわかりませんが今の装備の重さぐらいは耐えてくれそうです。アームの強度が足りなければパーツ自作するのみ。ライトホルダ探しの小旅行に出かけます。

それにしても今回の破壊力は睡眠時間を奪うところからはじまっているのですさまじい。BRMレポートがすぐ上がるふりっぷさんどこいくの?が報告のみな点からもおわかりいただけると思う。(終)

追記
GANDU PERFECT CLIMBERに必要なBRM908群馬200km完走は「前週の認定試走+当日のスタッフ業務」を以てしたもの。元々はUSG2012取得のため走る予定ではいましたが、AJ宇都宮さんのご配慮でこちらの方の候補にも加えていただきました。ある意味ご配慮いただいたことで完走して応えなければと思ったのも事実。左記、追記で補足いたします。

尚、極めて蛇足ながらGANDU PERFECT CLIMBERの名称は「GANTZ PERFECT ANSWER」が元ネタだよね、きっと。

カテゴリー:BRM タグ: , , , , ,