Archive

Posts Tagged ‘2012’

BRM805宇都宮200km(10:22)

804ゴール後は温泉をいただき、一晩の宿をお世話になる@menmen_yさんと「とん香」でジャンボヒレカツ定食。ごはんとキャベツは一度ずつお替わり無料です。量的にはそれほどジャンボではありませんでしたが充分満腹になりました。フルお替わり完食してコインランドリーからジャージ類を回収して@menmen_yさん郷里の甘いスイカをいただいたら、眠くてどうにもならなくなり8時過ぎには撃沈。
 

翌朝がっつり朝食を食べ、遅刻モードでスタート地点はガーデンハウス別館へ。聞くところによればDNSも結構な数とのこと。

概要:BRM805宇都宮200km草津発上毛片道【山岳】

コース:ルートラボ(獲得標高4082m)

3Wでスタート。下る前にジレを着込む。カラダが起きてないことも有り慎重に下る。@naderamanさんはバビューンと行ってしまった。

大津の交差点が赤だったのでジレを脱ぐ。その先は道路、橋も新しく早朝で他のクルマもなく気持ちよく走り抜け…突然右折して激坂がお出迎え。カラダを目覚めさせるべくせっせと登る。最初の激坂以外は特に印象も無いが下りが気持ちよかった。若干登り返して早々にPC1セブンイレブン倉渕三ノ倉店(07:45、45.2km)。

ちょうど@heizosunさん、ナガノさんが出るところ。

森永たっぷりプリン(2)をゴクゴク飲み込み、今日一回目のロックアイス1.1KGをハイドレーション、保冷ボトルに詰め込んで出発。

一つ目の信号「倉渕郵便局前」を左折して榛名神社、榛名湖を目指す。朝の涼しい時間帯に山へ登るのは実に気持ちが良い。徐々にきつくなるが榛名神社までは経験済みなので確かこのくらいきつかったよなぁ…を再確認。その先榛名湖までは初めてだったがかなりきつかった。地元のとどにいさんをして「俺、榛名嫌い」を言わしめるほど。同じトリプルでもこちらは27Tなので脚にはさらに優しい。

そんなこんなで榛名湖。横目で湖畔を走る早朝ジョガーを眺めつつ下りへ。スピード出し過ぎに気をつけながら気持ちよく下って大正橋。ハイドレーションの氷はだいぶ溶けていたが水はまだあったのでセブンイレブンには吸い込まれず進行。

からっ風街道までちょろちょろ上りがはじまる。調整池を左折後「上南室」交差点(直進)の手前右にある集会所っぽいところの水道で頭から水をかぶって冷却と汗を流してさっぱりして先を急ぐ。去年も暑くてここで水休憩させてもらった。

評判のよろしくない赤城山麓をくねくね走る「からっ風街道」もそんなモンだと判っていれば苦にもならずむしろサイクリング向きじゃないかと自分は思う。そんな気楽な気持ちで走れば暑さもちょっとは和らぐ気がする。途中に齋藤さんのシークレット。水が乏しくなってきたところだったので給水させてもらえたのは嬉しい。6番目ぐらいの通過の模様。

だんだんお腹が空いてくる。国道353にぶつかったところに蕎麦屋(つづれ庵)http://tabelog.com/gunma/A1002/A100201/10003300/があり、昨年はそこでお昼にしたが今年は次に現れるコンビニでいいやとスルー。


赤城CCへ左折し県道333を行く。途中でこれで県道?と思うくらい細い道になるが正しいルート。去年はミスコースしたかと思ったが今年は判っているので自信を持って進む。国道122への抜け道だが四輪で走るのがはばかれるような車幅とカーブと坂の連続。AJ宇都宮らしい自転車向きな道。自分はこういう道が結構好きである。ガツンと下ると別世界のようなR122。PC2までそれほどの距離ではないがすでにかなり暑いのと氷も切れ腹も減っているので一件目のコンビニ、デイリーヤマザキ桐生黒保根店に吸い込まれる。この店の難点は日陰が少ないこと。わずかな日陰にすでにサイクリスト有り。クルマにぶつけられた後の復活走で草木湖まで予定していたが暑いので引き返すとのこと。実に賢明だと思った(笑)。

すでに胃はチョコバーとか勘弁な感じだったのでぶっかけおろしうどん330円、赤コーラ500ml缶100円、氷1.1KG 242円。ほっと一息つけて草木湖まで食後なのでゆるゆる走ってPC2 Yショップ草木ドライブイン店(12:22、129km)。暑い中スタッフさんにはホントにお疲れ様です。

ついさっき氷を買ったばかりにも関わらず、再び1.1KGの氷を購入。余ったのを首の後ろにバンダナで軽く固定します。日当たり良好で陰の少ないR122を走るにはひんやりして実に具合がよろしい。

暑さにプチッとうんざりすると左に水分多めの公園。昨年もお世話になった、水道で水をかぶった。
 
木陰の多い粕尾峠に逃げ込みたいと思いつつ、ちんたらと走って粕尾峠への入口。その少し先の小川っぽいところでバンダナを濡らして首筋、頭、腕、ふとももを冷却。首後ろの氷はとっくに水になっていた。後続のランドヌールにパスされても気にせず休憩を楽しむ。
 

斜度もえげつないところは少なく、木陰の多い道(写真)を走るとサイクリングしている気分になる。そんな気分を楽しみつつ速度は気にせず景観に溶け込むように走ってみた。

粕尾峠(約1100m)までは快適。左へ折れて1300mまで登らされるこの標高差200mが結構きつい。そして達成感を感じられない頂上付近。何のランドマークもない。

かいた汗を乾かすようにガーッと下り、古峯神社の手前をおまけのように登り返した後は長いダウンヒル。残念ながら白いバンに追いついてしまい車間を空けるために途中で停まって意味も無く羊羹を食べる。去年は気づかなかった?大鳥居を過ぎ、川で水遊びを楽しむ人達を羨ましく眺めながら最後の上りをクリアしてあとはゴールするのみ。

ラスボスをやっつけた後は急にモチベーションが落ちて文挟のクランクで100円自販機で休憩。

目の前を通り過ぎていく車からは檻の中のサルを観るような視線。まあ、くたびれ過ぎたサイクリストはサル以下かもしれません。

残り12kmなのにちんたら走行していたらミラーに後続者を発見。ようやくターボが入って無事ゴール(16:27頃、200.5km)。

預けた荷物が届くまでの間、スタッフやゴールした人達と歓談。2日目は翌日に脚を残す必要も無いので割と普通に走りました。前半に赤城山が無いとは言え、一度走ったコースはアップダウンを体が覚えているのでちょうど良いペースを維持して走ることができてあまり辛さを感じることは無かった。経験値がそれなりについているのでしょう。

先着していた@heizosunにお願いして新鹿沼駅まで乗せていってもらい。駅前のココスでピザ休憩。ブルベ後のコーヒータイムは実に楽しい。お疲れのところ引き留めてしまい申し訳なくありがたく思いました。

今年は無事2日連続で完走できてちょっと満足です。

カテゴリー:BRM タグ: , , , , , ,

BRM804宇都宮200km(12:22)

概要:BRM804宇都宮200kmロマンチック片道【山岳】

ルート:ルートラボのリンク

前泊は東武宇都宮駅から至近のホテル丸治(3800円)。なんだかんだで@eijitomさん、@atkamanoさんと来らっせで食事。MEGAドンキで買い物。前日よく寝すぎたせいか床につくも全く眠れずTVでロンドンオリンピック「なでしこvsブラジル」を観戦。結局最後まで観てから出発。一睡もしなかった。

セブンイレブン森林公園入口店(03:11)で一回目のロックアイスをハイドレーションに詰め込む。

スタートは4Wで04:10。未だ暗い中慎重に古賀志林道を上って下る。その後は適当にアップ兼ねて走る。マジメに走るのは久しぶりなので無理しない程度の速度で。前方の集団に追いついて流しつつ速度域が合わなくなると前へ。

昨年は滝ヶ原の上りに着く前に終わりかけていた感があったが、さすがさら脚だと全然印象が違う。

サクッと滝ヶ原も上り終えた。コースを外れてファミマ日光清滝店(05:53)。ハイドレーションのロックアイス補充、BIGプッチンプリン一個食べる。

コース復帰、馬返しを素通りしていろは坂を登坂。マイペースにてゆるゆると走行。まだまだ涼しく最初は肌寒くすら感じた。昨年暑さで難儀したことが懐かしく同じ自分とは思えないほど今年は楽に進行。昨年DNFした明智平もスルー。トンネルを抜け中禅寺湖畔を走る実に気持ちが良い(06:50頃)。
    
戦場ヶ原を抜け(写真)湯滝を見学したいなとチラッと思ったけど、今回は先を急いだ。

金精トンネル前にシークレット、08時頃到着。お水をいただき顔の汗を流す。ビアンキのクロスバイクで貧脚汽車さんが登ってきた今回は参加者ではなく勝手に走っているとのこと。写真は金精峠付近。
 
手持ちの菓子パンを食べて、ジレを着て出発。

長時間掛けて溜めた位置エネルギーを手放す。路面悪いところを避けつつ慎重に片品村へ。

再び登りに転じてPC1少し手前のYショップ花咲山太屋(09:15)でロックアイス、ポカリ、アイスバーを補給。@eijitomさん、@zuccha34x27さん(プロ)先着。あれ?なぜこんなところにプロが?

なにやらいろいろと調子が悪いらしい。せき立てるようにしてPC1花咲の湯(09:20頃、101.6km)。
 
背嶺峠(09:46)を越え沼田までガーッと下る。途中でプロが道路脇で寝ている光景をパス。やはり相当眠いのか、調子が悪いのか、その両方か。
 
沼田市街では信号峠。抜けたらノーマークだった権現峠の登りがしんどい。日陰がないんだ。峠にはロックハート城(11:03)。TVや映画のロケ地になっているようだ。

ここからPC2まで下り基調だが先行する@naderamanさんが飛ばす飛ばす。止せば良いのにこんなところで脚を使って追いかけてしまった。気がついたらPC2セーブオン中之条平店(11:25、146.2km)。@heizosunさんが先着。菓子パンやチョコバーに飽き飽きしていたので冷やしきつねうどん、バナナ、アクエリアス、リンゴジュース。ハイドレーションに氷を補充。残った氷は首後ろへ。

同道する方々と軽口を楽しみつつ補給を終え、暮坂峠を目指す。途中で昨年多くを救ったという水場で頭、腕、太ももを冷やす(12:44)。
  
暮坂峠は木陰多くたすかった。斜度はそれなりだが黙々と登ればいつの間にか攻略(13:28)。むしろ早く高いところへたどり着きたかった。
  
六合へ下り草津へ登る。一旦草津町へ入ったかと思ってから街中までさらに登らされてそれが割と精神的にきつかった。渋峠アタック前にセブンイレブン群馬草津東店で補給。森永たっぷりプリン(2)、赤コーラ500ml、リンゴジュース500ml、ロックアイス1.1KG。

正直なところクルクル作戦でトルクはあまり使わずにここまで来たけど、上りはもう充分。お腹いっぱい。しかし、ゴールしないとDNFになってしまうので仕方なくあえて何も考えずに頭を空っぽにして進む。たぶん時間的には間に合うので明日のことも考えひたすらクルクル。埼玉のスーパーアタックで小径車で登ったときの方が速かったかもしれないという情けないスピードでも何も考えず、ただ足は着かずにがまん。レストハウス過ぎてしばらく進んだ後も時々視界が開け先のZ字の上り道が遙か先に見えたときはさすがに凹んだ。そして反対車線を下ってくる人達の何とも言えない笑顔がすばらしい。ちょっと元気になった。そんなこんなで渋峠ホテルに到着(16:32、205km)。とにかく初日を無事終えることができて良かった。完走タイム12:22。
 

カテゴリー:BRM タグ: , , , , , , ,

BRM715埼玉400km スパーアタック奥志賀(23:58)

まだ書いて無いブルベ日記もあるが終わったばかりで記憶があるウチに駆け足で振り返ってみる。

前日714、久しぶりにかみさんと自転車で花園フォレストにデザートバイキングを食べに自走往復70km弱。自分は小径車にSPDサンダル、ユニクロ短パン。 コーヒー飲みながら「明日のスーパーアタック、これで走って見ようかなどと…」。
ちなみにデザートバイキングと書きましたがパスタ、パン、カレー、サラダなど普通にお食事のできるバイキングで1200円、90分。お薦めです。
 
 
ロードバイクで走るテーマが見つからなかったことも有ってあえて獲得標高多めのBRMをタイヤふと目(20×1.5)折りたたみ小径車で走ってみようと思いました。

帰宅後早速整備開始。変速(フロント53T、リア8速のみ) は問題ないので弄らず、プーリーを外して清掃、グリスアップ。チェーンをガラガラ洗浄に続き、お湯+洗剤のビンに入れ超音波で30分ほど。乾かす時間が惜しく鍋で軽く炒って乾燥。冷ましてからチェーン取り付けトリフローをプシュー。RDには556とかプシュッと。

サドルバッグには着替え(レーパン、下着、予備グローブ)、レスキュー寝袋、ウルトラシルデイパック、夜用アイウェア、予備チューブ、パンク修理セット、ワイヤーロック、工具、チェーンオイル。フロントバッグには予備電池、ジレ、ウィンドブレーカー、ブルベカード入れ、補給食(スニッカーズ、羊羹、メントス) 、財布、iPhone防水バッグ入り。
結局サドルバッグの中身はアイウェアを出しただけだった。

概要:BRM715埼玉400kmスーパーアタック奥志賀
当日は2:45に起床。3:00に車載で出発。車内で朝食。こんな早い時間にお付き合いいただき優しい奥さんに感謝。4時少し前にゆうパークおごせ到着。受付をすませ、サドルバッグなど取り付けていたらスタート時間になったらしく走り出していく人々。結構後ろになってしまったが装備チェックを受けて自分も出発。
今回はなんといっても機材が機材。多くないけど平地で稼げる部分は稼いで上りでガシガシ抜かれ、草津や渋峠の上りでは6時組にも抜かれるだろう。そこを踏んで踏んで走って時間内に完走したい。という作戦。というか他にどうしようもない。

  
(撮影:たけさん @take0204)
高崎辺りまではA埼玉では定番コース。無理はせず気持ちの良い速度で走ることにします。先行するロードバイクを抜くかどうしようかちょっと迷う。が、今日は一生懸命走るしかないのでパス。児玉の信号でWatsさん、モモちゃんトレインに追いつかれます。ラッキーと後ろに付かせてもらいますが700cについていくのが結構大変。
安中辺りの上り坂でマイペース維持で前に出ます。倉渕のセブンで補給。いやーぁ空腹空腹。
セブンイレブン高崎倉渕三ノ倉店(自主休憩)07:17到着
・7プレミアム天然水2L
・ロックアイス(カップ)
・チャーハンおむすび
・赤飯おこわおむすび
・森永たっぷりプリンカスタード(2)
とりあえずこれで次のPCまで行こう。モモちゃん、Watsさん、べんべんさんも入ってきます。Koyamaさんノンストップだって。ぎょぇー。

コースを細かく把握してなかったので長野原までは須加尾峠を越えると思っていた。あれっこんなに走らされるかな…と思ったところに「←二度上峠」のサイン。うーむ。二度上げでも三度上げでも走るしかない。速度も7kphほどに落ちるが仕方ない。後に判るがオチさん(女性)に追いつき前後しながら登頂。ほどなくしてふぃりっぷさん到着。あれっロード乗っているよ(驚。MTBはロッキー1200に向けて整備とのこと。ロードは軽い……って、またこりゃ速くなっちゃうな。それでもフラペなところがお茶目。

二度上峠 09:12
ウィンドブレーカーを着てガーッと下ります。 PC1セーブオン応桑店 到着は10時少し前。ハム&チーズブリトー、プリンなど補給。ロックアイスをハイドレーションに入れて10:04ごろ出発。ここまで曇り空なのがありがたい。すでにある程度の標高にいるので自転車でも爽やかだ。今日一日こうであって欲しい。

渋峠への第一部=草津への上り。昨年渋峠の偵察で走りに来たときのことを思い出しつつペダルを踏む。そんなにきつい印象はなかったけど今日はきついぞw。しかも晴れてきた=暑いぞ草津。脚をついて休もうかと思いはじめたら登坂車線終了の標識。あがり間近。それにしても道の駅に人が多い。あふれかえっている。暑いときは涼しいところに来たいよね。

セブンイレブンのある交差点まで来た(11:00頃)。何が何でもそばかうどんを食べると決めていた。自転車降りたところに草津在住のmenmenさん登場。きっと応援に来てくれると思ったよ(泣。
昼飯まだというので一緒に食べようと誘い、近くの蕎麦屋へ。先週のBRM707宇都宮600km超過酷な雨ブルベの完走談を伺いつつの補給+休息タイム。やはり屋根壁あってちゃんと椅子とテーブルがあるのは良い。納豆そば(冷たい)大盛りを頼んだが食べきれずDNF。温かいお茶を何杯もお替わりした。 顔も洗ってリフレッシュ。やっぱコンビニ休憩だけじゃ走れない。35分滞在。

セブンイレブンまで押して戻って再スタート。さぁ渋峠第二部【本編】突入。
殺生ヶ原を通過。いけてる。が、景色が開けてきた辺りからきついぞこの坂、になってきた。先の先までつづら折りが見えて太魯閣ヒルクライムの最終区間を彷彿。上り途中ではあったが左の壁に自転車を寄せ、わずかな日陰に身を寄せて休憩。オチさんも上がってきて同じ場所で休憩?と思ったらひっくり返って寝てしまった。
サンダルも脱いで足を解放、スニッカーズをかじりながら冷たい水を飲んで上がってくる人を眺める。まさに「無」な感じ。
気がつくと水が少ない。かなり少ない。黄色信号点灯!

さぁ、スイッチを入れて出発。たけさんが上がってくるのが見える。手を振り返す。って思ったらもう50mほど後ろまで来ている。「こんなところでなにやってんですか。坂で追いつくとは思わなかった…」などといつもの笑顔で宣われたが、「一生懸命走っているんですが速度がでんのですよ…」。水はなくなったらその時焦ろうとあまり考えないことにした。そうこうしているうちに草津白根レストハウスに到着。売店で水を尋ねると自販機と返ってきた。コーラ小とボトル水2本購入。Empty脱出。

確かまだ上るはず。渋峠の碑まで頑張る。それにしても天気が良い。最高の自転車日和。小さいホイールだが良くここまで上ったもんだ。自分でも感心。渋峠 13:50
 
スピード出し過ぎに注意しながら気持ちよく下る。前夜にブレーキパッドがリムに当たる部分を少し変え、それなりに調整しておいた。山を登ったり下ったりするホイールじゃないけど交換も考えないとなぁ…て思ったら奥志賀への交差点に着いちゃった。モモちゃんとWatsさん。Watsさん写真撮ってます。

ありがてぇ。なんとかこの二人の700cに着いていこう。下り基調とは言えアップダウンのほぼ一本道を3台で走っていきます。天気良いから最高だけど雨なら泣ける。そんな道。いい加減林道走行にも飽きた頃キャンプ場到着。PC2到着時は貯金は2時間無かったはず。コーラと水、饅頭をいただき暫し休息。6時組のUwaboさんがすでに通過しているのを知ってWatsさんと驚く。でもまだ半分終わってない(197.5km)。グレーチングに気をつけてねと見送られて一人先行出発。

下りが終わるとさすがに暑い。PC3まで今度は燃料が持ちそうにない。途中でセブンを見つけて吸い込まれる。
セブンイレブン北志賀夜間瀬店(自主休憩) 到着16:47
・ロックアイス(カップ)
・キムたく炒飯おむすび
・森永たっぷりプリンカスタード(2)
日陰を見つけて補給、20分ほど居たかな。

標識はこれから向かうはずの「菅平」の文字が見えてくる。
PC3が近づき数名のランドヌールを発見。ちょっとホッとする。
PC3 サークルK須坂亀倉店 18:07到着(241.8km)
たけさん、Watsさん、モモちゃんが先着。あとからオチさんも来た。
さっき補給したばかりにも関わらず普通に補給。自分でも良くこんなに食べられると驚く。機材が違うとこうも燃費が変わるものかと…。エンジン一緒なんですけどね。
バナナ3本100円はありがたいが食べきれない。モモちゃんに一本お裾分けさせてもらう。その2本もバックポケットへ。Watsさんが相当眠いらしい。自分も予想通りの辛さを実感しまくり。こんなはずだとは思っていたが、やはりこんなにきつかったかと…。薄ら笑い浮かべちゃうくらい。タイムアウトの足音を聞いたのは久しぶり。レジでお店のおばちゃんにも温かい応援の言葉をもらった。やめられないじゃん。PC4は111km先でここが間に合えばたぶん大丈夫でしょうとモモちゃんに言われ暗くなった菅平そしてその先の埼玉を目指します。

アタック長野で下ったことのある道。結構な斜度。斜度がきついと言うことは短い距離で上れると言うことで、思ったほどきつい印象もないまま菅平攻略。キャッキャウフフしている菅平の明るい部分をサクッと抜けて湖方面へ下ります。信号のある交差点は鳥居峠方面にしか行ったことありませんが今回は直進。浅間サンラインまで下るのかと思ったら意外と上りもあった。暗いクルマの少ない一本道を走るのは好きなので楽しめて走れた。街灯のあるところでプロフィールを確認してバナナを食べた。
昼のサンラインと違って夜は黙々と上れるので走りやすいかもしれない。初ブルベ以来何度も走っているが好きじゃないけど慣れてきた。ここまで来れば後は帰れるという気持ちにもなれる。トンネル前のでっかいアップダウンもはいはい…という感じ。

コースを良く把握していない自分はてっきり碓井の旧道を通るものと思い込んでいた。GPSはバイパスを行けという。なるほどそうですか。トラックに殺されないようにしなければ。(再び)腹も減ったのでローソンに吸い込まれました。
ローソン軽井沢鳥井原店(自主休憩)22:33到着
・屋台風ソース焼きそば
・ニチレイ パーティアイスペール500G(いわゆるロックアイス)
・サンキストフルーツミックス白桃500ml
・いろはす555ml
軽井沢と言えば…「軽井沢シンドローム」なんて漫画があったなぁ。ストーリーは良く覚えてないけど。一時軽井沢がちやほやされたときだっけ…とかどうでも良い事を思い浮かべながら駐車場に座って焼きそばを食べた。
さすがに連休中日の深夜だけにクルマも少ない。信号のタイミングでやってくる大型トラックは走っているが台数は多くない。クルマの来ないタイミングを見て下り坂にイン。8割方下りきるまでクルマに追いつかれることはなかった。
五料の信号を右折し、BRM200のコースをトレース。下り基調がありがたい。少ない上りはダンシングでクリア。苦しい時間をできるだけ短くしたい工夫。
富岡の町を抜け、吉井には思っていたより早い到着だった。

PC4 ファミリーマート西吉井店 午前一時頃到着
ようやくゴールの背中が見えてきた。ツイートするためにiPhoneの電源を入れる。
あと56kmだがまだ眠くはない。何を食べたかレシートがないと思い出すことすらできない。モモちゃんとオチさんがあとからやってきたのかすでに居たのか思いだせないがこのPCで見たことは覚えている。
ゴールを目指すが、児玉に入る辺りで相当眠くなってきた。気づくと走りながら寝ている。危険なので歩道に退避しガードレールに自転車を立てかけそのとなりで背中を預けたら寝オチした。PC4出るときは24時間で走れるかも…という幻想は無理っぽくなったが、睡魔解消は最優先事項。眠ったという実感は無いのであるが20分近くそこに居たようだ。起き上がったところをモモちゃんオチさんペアに通りすぎがてら声を掛けられた。少し覚醒。700cを相手に追いつかないだろうけど頑張ってみようとスタート。
しばーらくして追いついた。たぶん八高線を横切るあたり(記憶あやふや)。そこからはパックで走行。パックで走らせてもらうことで眠気が飛んでモチベーションも維持しつつゴールまで走ることができた。小川町を通過するともしかしたら24時間で走れるかも、を意識。3人頑張って4時前に無事ゴール。お二人には本当に感謝です。
その後30kmを一時間半掛けて睡魔と戦いつつ自走帰宅。かぶれた尻が痛くてダンシング多用。

さて反省タイム・・・
・楽しかったか? 自分で設定したテーマだったので辛かったけど楽しかった。
・サンダル? サンダルとはいえ、自転車用のSPDサンダルで底は堅い。蒸れないし足指は圧迫されないのでむしろ夏はメリットかも。
・ ジーパン? 膝下カットだしありですが、股間のムレは厳しい。デリケートな部分が汗でかぶれたようになって痛くなった。いろんな意味でロングライドするなら自転車用がイイと思う。
・小径車(ミニベロ)? ミニベロもいろいろありますからね。一概には言えませんが記憶に残っている限りは山岳コースを走ることは無いと思います。燃費に関しては相当悪かったです。
・ 今回のサドルは普通のサドル。SelleSMPとかじゃなかった。ポジション的には乗り慣れているが休憩が多かったのでお尻も持ってくれたのでは無いかと思う。

ブルベだから他にも同じコースを走っている人が居たから走り切れた。これは言える。途中であった多くの仲間に改めて感謝です。良い自転車の思い出が一つできました。写真を送ってくれたたけさん @take0204 ありがとう。またあの走る笑顔にお目に掛かりたいと思います。
最後に長時間運営に携わっているスタッフ各位に心から感謝です。

BRM512宇都宮300km(13:52)

(ブルベ日記を日付順に書いていないのでご容赦ください。)

概要:「太平洋への軌跡 -よう・そろーと呼ばれた大津港-」ブルベ
当初輪行でスタート地点まで行こうと8時スタートを選択。が、ゴールしても終電が無い時間と思い車載。受付で8時組は少ないのでウェーブは無しと聞く。一斉8時スタート。
7時組の最終ウェーブでも一時間弱の差があるのでそう簡単には追いつかないだろうと無理せず暖めながらマイペースで進行。 宇都宮のブルベも数をこなしていくウチにだいぶコースを覚えた。お陰でプロフィールが記憶に残って力配分がしやすい。
天気が良く気持ちよくPC1へ近づいたところで白い大きな自転車を駆る反射ベストを発見。7時組の最後尾か。それにしても自転車が大きい。実用車を白く塗って警察官自転車みたいである。リアライトは赤色灯をぶっ挿している、すげぇ。
パスするときに声を掛けるが、「8時組ですか?」と返された。「はい、そうです。」「速いですね」的なことを言われるが、その自転車ですからねぇ…返す言葉が無い。

PC1は定番のセブンイレブン大子松沼店 – 10:27。数名が出発準備中だった。明治ブルガリアのむヨーグルトプレーン107円、ネオバターロール3個入り105円。バターロールをポケットへ入れて出発。寸前に白い大きな重そうな自転車も到着。

PC2へ向けて上りがはじまる。でも天気は良いし走りたい気持ちに任せて進む。上りで何人かのグループや単独ライダーをパス。走りながら補給するのも忘れない。標高を稼ぐとその分景色も良くなりさらに気分が良い。2年前は後半えらい目に遭ったが今回はどうだろう。知った顔に追いつかないかなぁとモチベーションをキープしつつこんな道を走る。(大子町のどこか 11:50)

こんな日に自転車で走らずに何で走るんだと言うくらい良い道です。
PC2から折り返してくるコースが重なった部分でHORIGON69さんらしき人とすれ違った?ん。わかんないー。でもそんな感じだった(実際後で聞いたらそうでした)。
その後も何人かとスライド。細いくねくね坂を上っていると上からマウンテンバイクが降ってきて飛んでいきました。速すぎて声さえ掛ける間が無い。気づいたときにはふぃりっぷさんは遙か後方。
走っていると気持ちいいぐらいだが風は涼しく普通にしていたら天気は良いが寒いかもしれないそんな気温。PC2は有人PCでスタッフさんは寒そう。そこに何故かHEIZOSUN。機材トラブルとのことですが何故かすごくニコニコしてます。 無駄話を楽しみ、自分は近くの和風れすとらん「松野屋」でお昼を食べることにしました。海の近くへ来たのでそれっぽいものを食べたいですよ。天気も良いし。

磯定食の写真

磯の香り豊かなうに、サザエ、貝柱まで盛り込んだ松野屋オリジナル、磯めしとお刺身の定食です。

磯定食1500円位。待たされることも無くスムーズに食事。ボトルに水もいただき出発。信号待ちでterrawellさんと遭遇。あれぇ?六角堂とやらへ寄り道観光と混んだ食堂でお食事だったらしい。膝の調子もあまり良くないらしい、途中までご一緒しました。
塙まで渓流沿いっていうのかな細い川沿いに蛇行する道を上っていきます。ここも自転車向けの道です。上りの最後の方は強烈な斜度ですが、短いので踏ん張りきれます。太魯閣はこれの長い版と思えばカワイイ坂です。抜けて下りますが、向かい風強く下っているのに下っている速度じゃ無い。それでもほどなくPC3ファミリーマート道の駅はなわ店 – 16:08。アップル100%ジュース110円、2種のテリたまサンド250円x2。補給しつつNaderamanさん、HEIZOSUNを見送る。晴れて天気が良く空気も冷たいのでレッグウォーマー、ジレなど装着してゆっくり支度して出発。その間にterrawellさん他到着。

PC4まで南下、超追い風。途中PC1のセブンを通過する。風向きが変わる前に距離を稼いでおきたいので脇目もふらずに走る。それでもちょっと走るのに飽きた頃PC4セイコーマートえびね店 – 18:23。今回PC1以外はスタッフさん常駐。宇都宮スタッフ少ないーと言っていたのにずいぶん増えましたね。

日もだいぶ陰って寒いけど何故かシロクマバー126円。大福みたいなホイップあんパン88円。そそくさと出発しようとすると竜胆さんからバナナ。それをポケットに突っ込んで最終区間へ。 上りは前半に集中と思っていたら結構脚に来るアップダウンがあります。思ったほどスピードが出ません。あんパンの消化が終わった頃バナナを食べながら走りゴールまで7kmほどで竜胆さんに追いつきパックでゴール。13時間52分でした。
お昼をまともな食事をしたにもかかわらず良いタイムでしたがPC3-4の追い風が効きました。ゴール後暖かいモノを戴きつつ。Naderamanさん、竜胆さん、terrawellさん達とブルベ談義にちょっと花を咲かせて無事帰宅しました。
何故か宇都宮で海方面に行くコースは寒くなる気がするが、自転車で走るなら少し肌寒いぐらいでちょうど良いかもしれない。終わってみれば最高の自転車日和だったと言えると思う。 あの激坂はまたコースに入れて貰いたいと思う。

カテゴリー:BRM タグ: , ,

BRM421埼玉400kmアタック日光&ビーフ(21:22)

2010年に走っているブルベ。その時は初の400kmだった。
あれから2年、自分は自分の成長を何か発見できただろうか。

調子良ければ20時間で走って見たいなと思ったがNotubes入れてないタイヤが前後一回ずつパンク(しかも2回目は警察にお世話になった=後述)。PC5ココストアからマクドまでの約18キロで睡魔でボーッとしてミスコース連発。睡魔を誘ったのはPC5で寒さ対策でモンベルのレインウェアとデサントの防寒防水グローブに替えたこと。もちろん寒くなかったが暖かすぎた(爆。

今回走りながら補給する練習のつもりでPC1まで小さい塩むすび4個(ジャージのポケットに入れた)、PC2まで大きいもみじ饅頭、一本満足、飴、スニッカーズを食べてみた。上りで食べるのは結構きつい。
それでもやっておかないといざという時にできない。こういう時にBENTO BOX的バッグはやはり便利だ。ただダンシングでは邪魔になる。PC間で食べる分だけ入れば良いので、容量はそれなりで邪魔にならない形状のバッグが欲しい。

補給が充分だったせいかどうかは判らないが、ほぼ最後まで脚は廻った。途中トレインがあればくっつかせてもらって時々ラクさせてもらったりと肉体的にも精神的にも緩い時間を挟めたことで今までの400とは異なりしんどさをそれほど感じること無く終われた感じ。全体を通して余裕を持って走れたことは2年前より少し成長できた点かもしれない。

以下、お時間のある方はどうぞ。

9時スタートなので東浦和駅までJR輪行。
KOYAMA女史、ヤマさん、WATSさんほかお知り合いにご挨拶して急ぐわけでもなく他の人にお尻にくっついて進行。これはこれでツーリングっぽくて良い。むしろ好きな時間。
市街地を抜けるまでは信号も多く頑張って急いでも仕方ない。トレインは長くなりがちだが気をつけて進む。
芽吹大橋を渡り県道329に出て左に駐車場の広いセブンイレブンがあるカーブで加速してその先のトレインを探しに行く。

次のトレインで走行中に開かずの踏切に遭遇。どうやら宇都宮線が人身事故で停まっているらしい。線路沿いを走って高架か下に潜る道を探す。
幸い2つか3つめで下をくぐる道に出てコース復帰。GPSあって良かった。コマ図とキューシートだけではこういう時はちょっと厳しい。携帯で地図を見ながらだとタイムロスも少なくないかもしれない。
2年前は強い向かい風がきつかった道の駅思川(みちのえきおもいがわ)からPC1ファミリーマート粟野町店までは今年は風もそれほどでは無かったし知ったコースと言うこともありたいしたことなく終了。途中の補給しつつ来たのであまり覚えていないが飲むヨーグルトとドーナツ一個ぐらいで離脱。
実は2年前にこのコースを走って以来、県道14号での日光までの道がお気に入りです。
山郷抜けていく道は自転車で走ってこそ、な道です。イヤもう是非って感じです。コースを創った山口さんに感謝。

饅頭を食べながら走っていると前方に同じサドルバッグのGIANT TCR。久しぶりにぼえさんに遭遇。近況交換しながらしばらく一緒に走る。ホットできるひととき。精神的休憩。

県道58号と分岐する地点のお店でボトルに給水。

日光に抜けると行っても滝ヶ原峠に比べれば相当性格の良いルート。
日光市街が見える広いところでジレを着て下ってPC2。

PC2ローソン日光所野店でたけさん。いつもどーり元気。軽口を交わしてちょっと食べて離脱。ここ標高高いので長くいると冷えちゃう。

同じ道を走っていると以前通ったときの記憶がよみがえります。
それはそれで結構楽しい時間。ここでクロサワさんとみのさんに抜かれたんだっけなぁ……など。

PC3セブンイレブン大田原南大通り店。以前と同じくカップ味噌汁、赤飯にぎりなど補給。出ようかと思うころたけさん一行到着。セブンの駐車場を出ようとしたら後輪パンクに気づく。ガックシorz。
駐車場の邪魔にならないようなところへ移動してチューブ交換。今回の機材はBRM初投入でチューブ自体がコアの抜けないタイプ=NoTubes入らない。手持ちのスペアチューブは2本。パッチはあるがタイヤ側に何か刺さっていないか慎重に検査して交換。ブルベでパンクとか久しぶりなので結構時間掛かりました。
小さいポンプでシュポシュポ空気を入れていたら…初ブルベがこの400kmという前カゴ付き、キャリア付きで大きいバッグのESCAPE R3の方がゲージ付きのTopeak Turbo Morphを貸してくれたこと。お陰で高圧をラクに入れることができました。やはり携帯ポンプとは言えでかいポンプは効率が良い。

結局一時間近く滞在してPC3出発、すでに暗くなってきた道を少しハイペースで走行。だいぶ走ってたけさんトレインに連結。次のPCまで10キロで出てきた短い坂で先行してPC4。

ここからPC5まで今回メインのビーフライン&道祖神峠。特に夜のビーフラインはお気に入りなので楽しみ。そんな気持ちで走るとあっという間に終わってしまい道祖神峠も無難に登ってPC5へ向けて気持ちよく下っていたら前輪がパンク。道祖神峠の下りのグレーチングでリム打ちしたらしい。草の路肩に 移動して2本目のチューブで交換していたら先方からクルマが来て停まる。大丈夫ですかと尋ねてきたのは茨城県警さん。
どこからきてどこへ行くのかといういつもの質問をされた後、作業中ずーっと懐中電灯で照らしてくれた。しかも二人で。
明るかったがいつもとは違う緊張した気持ちでチューブを交換終了。パトカーは週末の珍走団の 取り締まり目的だったようです。ご苦労様です。
まさか人気の無い夜中の道で 警察のお世話になるとは思わなかった。
お礼を申し上げて再スタート。ほどなくしてPC5到着。

PC5の後は前回もそうだったけど眠くなる時間。
今回もそうだった。コース上のマクドナルドまで頑張ろうとするがその手前で睡魔に翻弄されミスコース連発。もうちょっとが遠かった。
深夜のマクドナルドはランドヌールだらけ。なんとか一つ席を見つけて収まる。チューブ2本使い切ったので明るい店内で パッチを当てようとしていたのを見てブルベ仲間がチューブを一本くれた。ありがたい。
ホッとしたのも手伝い睡魔に引きずり込まれる。
一時間ほど して目覚め出発。周りにはほとんど誰もいない。これも前回同様。

PC6を経由して途中からは往路のコースを逆トレースして ゴール。認定時間21:22。
パンク2回がなければ20時間で走れたかなぁ、と思いつつ次回参加できれば目標としたいと思う。

カテゴリー:BRM タグ: , , ,

BRM415宇都宮200km(7:53)

前日の雨ブルベでひどい目に遭った人には申し訳ないくらいの好天ブルベ。途中naderamanさん達とのパック効果もあり初の7時間台、7時間53分。後半タレはじめ終盤はタレまくったけどもう出せないだろうこんなタイム。200kmなのにすごく疲れた。

3時半に車載で自宅を出て途中コンビニで時間調整しても宇都宮市森林公園には5時半前に到着してしまった。
コーヒー500mlで菓子パン2個、小さめのおにぎり2個をなるべくゆっくり食べる。
お知り合いの参加者の面々にご挨拶など、和気藹々(わきあいあい)なひととき。
inainaさんは昨年のPBP制覇に続いて今年はCan-Am Challenge完走を目論んでいるとのこと。
米国とカナダの1200km超ブルベを同開催年で完走することらしい。そんなアワードあるとは知りませんでしたが興味の有無以前にわけ判りませんw。

主催のAJ宇都宮さんが用意してくれるコマ図は見やすく判りやすく走りやすい。
車の少なめな裏道ブルベなためコマ数が多いのがアレですが、明るいウチはGPSよりこちらの方がイイです。
今回はiPod nanoとTouchにこのコマ図を仕込んできました。この話は別のエントリーでレポートします。

暖かそうだが宇都宮ブルベなのでウィンドブレークじゃ無い長袖+ジレ、サドルバッグは無しでチューブ、工具などはツール缶へ。ボトル1本。ポケットに小さいおにぎり2個。久しぶりに使うBENTO BOXに飴、カロリーメイト、ミニ羊羹、電池。
準備を終えて07:15の最終ウェーブでスタート。iPodのコマ図など見ながらゆるゆると北上。

宇都宮ブルベにしては獲得標高少なめなコース。天気も良いのでタイム更新できるかもとちょっとマジメに走りました。

お仲間ランドヌール、ランドヌーズさんを徐々にパスしつつ進行したのであります。
以下備忘録。

PC1(57.6km/57.6km): 09:16到着、区間走行時間2:01、av28.56km/h
PC2(42.4km/100km): 10:41到着、区間走行時間1:25、av29.93km/h
PC3(55.6km/155.6km):13:01到着、区間走行時間2:20、av23.82km/h
Goal(45.6km/201.2km):15:08到着、区間走行時間2:07、av21.54km/h – 通しav25.52km

PC1出発後naderamanさんに追いつき抜いた後、暫くして猛追されその後すごく良いスピードでパック走行。ブルベと言うより無言のハードトレーニングでした。
PC2後は向かい風もあってスピード上がらず、徐々にタレはじめて焦る。PC3では腰を下ろしてシューズも脱いで休憩。赤コーラとガリガリ君補給するも半分でギブアップして出発。

ゴールまで50kmないし追い風も期待したのだが全然な感じ(´・ω・`)。
誰かのお尻に付かせてもらうもちぎれてしまい、タラタラ走ってあと13km地点で自主的自販機休憩。ベンチに座りアイスミルクティでぷはぁとしつつBENTO BOXのカロリーメイト2本を胃袋へ。このカロリーメイトのカロリーはきっとゴールまでの走行では使われないんだよな……
さすがに補給が少なかったのか空腹MAXだったので精神的には胃袋に何か入って落ち着く。

ゴール後HEIZOSUNふぃりっぷさん、6時間台の豪快な人達としばし歓談。naderamanさんに連休での再会をお願いして帰宅。思いっきり疲れたけど楽しかった。


スマホを縦にして観ていただくとイイ感じです。

カテゴリー:BRM タグ: , ,

BRM324アタック愛鷹

オダックス埼玉主催、アタック愛鷹300km走ってきました。
BRM226安中以来のロードバイク乗車、毎回何らか反省するブルベは16時間でした。
以下長文です。お時間ある方はどうぞ。

相模原方面の天気予報は朝から晴れマークで雨に注意は見受けられず、気温も17度ぐらいまで上がりそう。しかしスタート地点の豊水橋に着いてもどんよりした感じの曇り空。
往路は1000m超を通過するし復路は夜間走行なので服装は寒い方に合わせた。
・CRAFT 長袖インナー
・dhbロングビブ
・Perl Izumi海外版 ウィンタージャケット
・普通のグローブ/デサントの防水防寒具ロープ
・Northwave Goretex ブーツ
・普通のソックス(自転車用、くるぶしまで)
・筒型バンダナ2枚(サドルバッグに収納)
・dhbアイウェア(交換レンズのアンバーとミラーをサドルバッグへ)
・モンベルGoretexレインウェア・上(サドルバッグへ収納)
※個々については装備のページ見てね

日中暑ければ前を開けるか脱げば良し。
ロードバイクに乗るのはBRM226アタック安中以来ひと月ぶり。怪我の回復と週末の雨で気がついたら乗らずに過ごしてしまった。
しかもその間ほとんど運動らしいこともしていない。
そんな状況なので作戦など無い。まあ、マジメに淡々と無理しない故障させずに走ろうと臨みました。

装備チェックを済ませ7時少し前にスタート。カラダも温まってないのでゆっくり入ります。
去年のアタック三保と同じコースかなぁ…ってちょっと小雨止まないじゃん。
そのうち止むと思ってレインウェアは出さず、中まで染みてこないもののしっかり濡れました。
先行するお兄ちゃんは信号で止まると何か食べています。自分は食べる気が全くせず眺めるだけ。
それにしても大きなバックポケット。あれいいなぁ…などとぼんやりしつつ相模湖を抜けてPC1スリーエフ藤野店到着。アタック三保で@mino16さんと補給で止まったコンビニ。ポケットに入れてきたレーズンシュガーパンを食べる。
・飲むヨーグルト
・饅頭(ポケットへ)
・滞在時間約10分

道志みち。アタック三保で通った時はそれほどキツイ印象が無かった。しかし今日はいつもの登坂に比べて速度が出ていない感じ。しかもすでに尻が痛くなってきた。
もしかして体重増えた?
アタック安中とハーフマラソンが終わってもドカ食いをしてたつもりは無かった。確かに体重には気にも留めずに普通に食べたいものを食べていたので、太ってしまったのかもしれない。
(実際、この後帰宅して計ったら想像以上の増量にショックでクラッときたorz)

そういう時の道志みちは長い。
峠まで2kmぐらいから脚にも力が入らずスピードがさらに低下、抜いてきた人たちにも抜かれる始末。しかしどうしようもない。
トンネルを抜け下って「平野」交差点。右折するランドヌール2台。思わずついて行く。ん、ミスコース。
あれはAJ神奈川の富士山一周200kmの参加者だったのねー。100mぐらいで気づいて良かった。
カラダ全体が空っぽな感じで力が入らない、テンションも低め、そして空腹感たっぷり。
登坂後半はハンガーノック気味でもあったようだ。登坂前と最中は空腹感無くてもアメでも舐めていた方が良かった(反省1)。

湖畔の道を走りつつ食堂らしきモノを探す。開店休業っぽいペンションが多い。
R138への左折ポイント(Cue-20)手前に蕎麦屋を発見、躊躇無く吸い込まれる(11:40頃)。

店内には中年のご夫婦ひと組。旬の公魚(わかさぎ)天麩羅勧められるが、好物のかつ丼(850円、味噌汁お新香付き)注文。その間にボトルに水をもらい、熱いお茶でポケットから饅頭を出してmgmg。
汗で湿ったジャケットをストーブで乾かすなどまったり。短い時間でも屋根壁ある店内では休憩の質が高い気がする。
12:02出発(22分休憩)。
籠坂峠へ短い上り、食後30-40分はゆっくり目に走って消化活動を優先、PC2到着。時間不明、何でも良いからiPhoneのシャッター押しておけば記録残ったんだよね(反省2)。
・飲むヨーグルト
・メントス・グレープ味(ポケットへ)
・滞在時間約7分
食べたばかりなのでAmino Vitalを5-6個バリバリ。

風が強い中ゆるゆる登る。
富士サファリパーク横を走りつつ富士山一周組とすれ違う。あれっ?ふぃりっぷさん(@ymp128)?
他にも数名とスライド。
気持ちよく下って左折ポイントでシークレット(14:04)

緑茶2杯いただいて林道を下る。この林道走行が気持ちよくて楽しかった。
途中工事箇所があったが自転車は通してくれた。ほぼ海抜まで下ると風は強いが暖かい。
前ジッパーを全開にして東へ進む。追いついてきた数名とパック走行。
「鮎壺」交差点を左折し北上して御殿場まで450mぐらい上る。
この区間は全く眼中に無くノーマークであったが、ひたすらだらだら上るのが嫌いな自分には一番しんどい部分であった。途中景色を撮ったりして気分転換。右が富士山、左が愛鷹山(15:23)。

その後、ヘルメットかぶった小栗旬さん(に似た方)に追いつかれ暫く一緒に走行。
だらだら登坂で精神的にもきつくなってきた自分を先導していただく。
が、Cue-41の先でミスコース。じゃない?とGPS確認している間に先へ行かれてしまった。
少し追いかけて声を掛けるが届かない、思いっきり下りはじめちゃってるし……orz。
残念だが追いつける自信も無いので本来のルートに一人で戻る。
元気もらったのに悪いことしたなぁというプチ罪悪感を抱えてまだ上りは続く。
空腹感は無いもののだらだら感をぶち切りたい、そうだこういうときはコーヒーブレイク。
サークルK御殿場永原店で
・棒アイス
・機械だが煎れてくれるコーヒー
目の前をランドヌールが通り過ぎていくのをボンヤリ眺めつつ、熱いコーヒーをすする。
PBPでも私設エイドで煎れてくれたコーヒーが疲れたカラダに効いた。それを思い出す。
あれ以来、ロングで疲れたときはコーヒーを飲むことにしている。できれば缶コーヒーじゃ無いものを。
実はこの場所、PC3まではそう遠くないのである。が、今休みたいという気持ちに逆らわないのも大事なのよ。
気持ちが折れるのとは違う「休憩が必要です」というカラダの声を聞き分けるのも大事なことだと思います。
10分ぐらい居たでしょうか。

精神的にもリセットできて走り始めると小栗旬さんが追いついてきました。
ミスコースの件でお詫びやら言い訳やらで話しながら進行してPC3到着(16:40頃)
駐車場の陽の当たるところに腰を下ろす。
ここで小栗旬さんはケイタさん(@keita4989)という方であることがわかる。
補給をしていると@eijitomさん。たぶんコーヒーブレイク中にパスされた模様。
ちょっと話をして出発されていった。今日はもう会えないな〜。
・赤コーラ
・いろはす・ミカン味(ボトルへ)
・コロッケ
・ミニ羊羹2個(一個はポケットへ)
・ミニケーキ(ポケットへ)
・チーズタルト(サドルバッグへ)
・滞在時間約18分
出発時には腰を下ろしていた場所は日陰の寒い場所になっていた。

R246とか車は多いが割と走りやすい。しかし不案内なので誰かを見つけて後を付くことにした。
その方が富士山一周組とは知らずに!
そして富士山組とコースが分かれるポイントにマヤさんとAJ神奈川のスタッフさん。しかも信号が赤。
なんでも富士山組が埼玉組にくっついてミスコースしないように居るのだとか…
むしろ、埼玉組の自分がミスコースをしないで済みましたw。スタッフさん大変だなぁと思いつつ感謝。

ソロに復帰して日もとっぷりと暮れた頃、GPSのBattery Low表示。
ちょうどCue-58「川上橋」サークルK伊勢原上粕屋店があったので
・GPS電池交換
・羊羹一本補給(ポケットから)
・軽量化(すっきり)19:10頃
・ついでにAmino Vitalを5-6個バリバリ
店外に出ると結構寒い。筒型バンダナをキャップ代わりして耳をカバー、防水防寒グローブ。
防寒バッチリ。寒さどんと来いという感じ。ここでは何も買わず、すみません。

軽量化後胃腸のあたりがスッキリして脚も軽い。
宮ヶ瀬ダムをやっつければ脚を残す必要も無いので時折ダンシングを混ぜてミドルで行く。
上りらしい上りもこれが最後かと思うとちょっと寂しい気もする。
PC4ローソン愛川町大橋店到着(時間不明)
・アロマブラック(コーヒー)
・ミニケーキ(ポケットから)
店内であのKOYAMA女史に遭遇。昨年の宇都宮山岳2日目DNFで日光へ奥さんを呼びつけた「わがまま父さん」で思い出してくれた。KOYAMA女史は今でも家でかみさんとの会話に上る女性で唯一あの三連戦を完走された方である。
こういうちょっとした再会がすごく嬉しく感じるのもブルベならでは。

実は放射冷却も手伝ってか結構寒い。
初ブルベですという方と話をしているとやはり寒いという。ウィンドブレーカーも無いというのでツール缶からジレを出して押しつけました。無いよりマシかと思いましたが、今改めて振り返ると親切の押し売りだったかもしれないと反省。
さてGPSをチェックすると残りは46キロほど。
カラダが冷えないうちにサクッと出発。
・滞在時間12分ぐらいだったかなぁ

PC4を先に発たれた二人組に追いつきお尻にくっつく。
悪くないペース。
一人で走ると最後の区間は割と垂れる傾向があるので一緒に走らせてもらった。
テンションをキープできて良い。
ありがたい。
途中でカラダから力が抜ける感じがして慌ててメントス。
最後はメントスのカロリーでゴールしました。
お名前は存じ上げないのですが、このお二人には大感謝です。
ゴール受付をしてもらい、16時間0分。
機材もカラダもトラブル無しで今年二本目のBRMが無事終了しました。

(反省点まとめ)
・もう少し補給(行動中の)を上手に
・体重マネジメントをマジメに
・休憩時はiPhoneで写真を撮っておく、何でも良いので
・装備類は充分だった。防水防寒グローブはこの時期には大げさかと思ったがあって良かった。Goretexブーツは完璧。レインウェア、アイウェアの交換レンズは使用せず。

TwitterやMixiで応援コメントいただきましてありがとうございました。
次はBRM415宇都宮200を予定しています。

前日用意したコースプロフィール(プロフィールマップ)。自分はこれが無いと上りのモチベーションが保てません。
あってもキツイよw。

カテゴリー:BRM タグ: , ,