ライトホルダ

〔ライトホルダ〕ミノウラ SG-100NL スペースグリップ ちょっと改造

・ポイント:ブルベを走るときは諸々の装備でハンドル周りは過密になりがち。ライト二灯を保持するためにしっかりしたものが要る。
・改造箇所:
 1)ステムにゴムを巻いて下向きに取り付けるが、付属してきたバンドではGIANTの四角い断面のステムには長さ不足。ステンレスの板をカットして穴を開けて足りる長さのバンドを自作。
 2)ボルト類をアレンキーで回せるタイプに取り替える。ホームセンターで購入できる。必要に応じてワッシャー、スプリングワッシャーを挟む。錆びないように全てステンレス製にした。単価などいくらでも無い。アーレンキーで回せるものに変えるのは+ドライバが無い場合があるから。あっても充分なトルクを掛けるのは難しいから。
 3)ライトを載せて走ると振動でボルトは緩みがちである。気がつくとボルトが落ちている場合も少なくない。ボルトがゆるんでも抜け落ちないようにチューブの切れ端を巻く、またはベルクロを巻くなどしている。
 4)ライトを載せるバーは少し厚手のアルミ材22〜23mm径、長さは160mmに換装している。

ベルクロに挟んであるツイストタイはライトの光軸にブレーキワイヤが重なる場合があるので、ブレーキワイヤを一時的に手前にまとめてライトの邪魔にならないようにするためのもの。

  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。